>

医薬品と医薬部外品の違いとは

育毛剤と発毛剤の違い

発毛剤と育毛剤、同じように毛髪に働くものだと思うかもしれませんが、実は全く違うものなのです。

育毛剤は発毛を目的としておらず、現状の髪を健やかにしたり、状態を良くしたりするためのものです。
医薬部外品に分類され、穏やかに作用する特徴があります。
医薬品に比べると副作用なども少ないので、気軽に使えるメリットがあります。

発毛剤は、発毛させる事を目的としています。
医薬品に分類され、一般的には病院や専門のクリニックを受診して処方してもらう事になります。

薄毛や抜け毛の初期の段階であれば、育毛剤の使用がおすすめです。
頭皮の環境を整える事で、毛髪も健康になる場合も多いからです。

症状が進んでしまっている場合は、クリニック等を受診して、自分に合う発毛剤の使用をするほうがいいでしょう。

医薬部外品とは

ドラッグストアなどで、医薬品や医薬部外品といった表記を見た事はあるでしょうか。
これは薬事法という法律により、有効成分の効果などにより分類する事が決められているからです。

病院などで診察して、処方箋によりもらう薬は、医薬品の中でも医療用医薬品と言われています。
治療を目的とした効果が認められているものです。

医薬品の中でも処方箋が不要でドラッグストアなどで購入出来るものは、一般用医薬品といいます。
風邪薬やビタミン剤などがあり、一部発毛剤もここに含まれます。

医薬部外品というのは、治療ではなく予防を目的としたもので、有効成分が一定量含まれています。
薬用化粧品やシャンプー、育毛剤などが分類されています。

医薬品のほうが、医薬部外品よりも効果が高く、効き目も早くなります。
反面副作用などがある場合もあるので、使用上の注意が必要になります。



ページ
Topへ