>

育毛剤に含まれる主な有効成分

AGAに効果のある成分は

男性ホルモンに酵素が結びついて変化した、DHTといわれるジヒドロテストステロンがAGAの原因といわれています。
AGAを治療するには、このDHTの働きを抑える事が大切です。

育毛剤の成分としては、オウゴンエキズやフェナステリド、チョウジエキスなどがあげられます。
育毛剤を選ぶ際には、これらの成分がどのくらい含まれているかをチェックするといいでしょう。
成分によって副作用が出る人もいるので、購入時には確認を忘れずに。

また頭皮の状態を清潔に保つことも大切です。
スカルプケアの出来るシャンプーや、頭皮マッサージなどもおすすめです。

AGAの場合でも、他の病気と同じで自己判断に頼らずに、気になる場合は一度専門のクリニックを受診しましょう。

FAGAに効果のある成分は

女性の場合は、圧倒的にホルモンバランスが薄毛の原因に関わっています。
女性ホルモンよりも男性ホルモンが多くなってしまうと、AGAと同じようなメカニズムが起こるのです。

育毛剤の成分としては、フェナステリドやミノキシジル、ヒアルロン酸などがあげられます。
FAGAは全体的に髪が薄くなっていくので、頭皮全体を健やかに保つケアも大切です。

加齢に伴う症状でもあるので、身体自体のエイジングケアも取り入れるといいでしょう。
女性の場合、薄毛や抜け毛だけでなく、女性ホルモンの減少に伴って、メンタル的に不安定になる場合などもあります。
その場合も更年期の症状を診てくれる専門医に、FAGAの症状と合わせて相談しましょう。



ページ
Topへ